身に覚えのない請求書、メールが届いた場合の対応、対策

スポンサードリンク

身に覚えのない請求書、メールが届いた場合の対応、対策

見に覚えのない請求書、メール、

LINEのメッセージは基本的に無視しましょう


身に覚えのない請求書が届いた場合や、
使ってもいないサイトの使用料金の請求のメールが届いた場合、
当然ですが、料金を支払う必要はありませんので、
無視していただいてかまいません。

 

下手に電話などをかけて個人情報を伝えてしまうと、
さらにしつこい請求などをされる危険性がありますので、
個人情報を漏らさないようにご注意ください。

 

お金を振り込んでしまった場合

業者に言われるままにお金を振り込んでしまった場合、
理屈としては取り戻すことができますが、
現実にそれができるかというと、かなり困難なことになります。
ご家族でお住まいの方は、
お互いそのような請求書に心当たりがないか確認し、
料金の支払いなどは慎重に行ってください。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

近年、架空請求の手口は巧妙化しており、
特に注意が必要なのは、
裁判所や、公の機関を装った請求です。

 

そういった請求書等が届いた場合は、
まずは、そのような機関があるかどうかインターネットで検索し、
探してみてください。
また、厄介なのは、本当に裁判所を利用した悪質な請求もあるということです。
裁判所の「支払督促手続」や「少額訴訟手続」という制度を悪用した手口です。
このような裁判所からの通知は無視してはいけません。

 

このような場合、封筒などに記載されている連絡先に電話をせずに、
市役所の消費生活相談や裁判所の公式サイトから電話番号を調べて相談、確認してみてください。

 

もし、悪徳業者に住所や名前などを知られ、
悪質な電話などが続いて困っているという場合に、
弁護士に相談することで法的措置による対策を取ることができる場合もあります。

 

また、すでに支払ってしまった場合などは、
取り戻すには一般の方が独力で行うには
非常に困難です。そのような場合も、
弁護士に相談することで、取り戻すことが可能な場合もあります。
下記のリンクから、お住まいの地域で予算などをふまえてふさわしい
弁護士を探すことができますのでご利用ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク