ネガティブオプション、送りつけ商法の対応、対策について

スポンサードリンク

ネガティブオプション、送りつけ商法の対応、対策について

ネガティブオプション、送りつけ商法、押し付け販売とは、
注文していない商品を勝手に送り付け、
勝手に買ったものとみなして、
代金を一方的に請求する悪徳商法です。

 

最近はカニなど生鮮食品を送りつける手口が多くなっているようです。
また、葬儀の日などを狙い、故人が注文したものと思わせたり、
慌ただしい中で送りつけることで料金を支払わせようという手口も
あるようですので、十分注意してください。

 

身に覚えがない商品の代金は支払う必要はない

このような見に覚えのない商品が突然届いた場合、
当然代金請求に応じる必要はありません。

 

なお、代金を支払ってしまうと売買契約を承諾したものとみなされ、
代金を取り返すのは非常に難しくなりますので、ご注意ください。

 

届いた商品は、自分のものと同程度の注意で保管し、
引き取りを請求してから7日間経過、あるいは、
商品を受け取った日から14日間経過したとき、処分しても大丈夫です。

 

つまり、見に覚えのない商品が届いたら、業者に何も連絡せず、
14日経てば、その商品はどう処分しても(あなたが使っても)構いません。

 

請求書をしつこく送ってくる場合は、
封筒に「受領拒否」と赤い字で目立つように書き、
ポストに入れるとよいでしょう。

 

ということで、見に覚えのない商品が届いてもそれに支払い義務はないのはもちろん、
連絡せずに放置でよいですので、連絡先等、個人情報を漏らさないようご注意ください。
まお、業者とトラブルに発展し、しつこく連絡してきたり、
脅迫的な請求などされてお困りの方はなるべく早く弁護士にご相談ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク