催眠商法、SF商法のクーリングオフについて

スポンサードリンク

催眠商法、SF商法のクーリングオフについて

催眠商法、SF商法とは

催眠商法、SF商法とは、閉鎖的な場所に人を集めて群集心理を利用して
冷静な判断能力を失わせて商品を販売するようなものをいいます。

 

最初は日用品や食料品を無料配布、
激安販売のうたい文句で集客をし、
閉鎖的な会場で、話のうまい進行役が
最初は激安商品を先着何名といったふうに
早い者勝ちで販売し、熱狂的な雰囲気をつくって、
高額商品を販売するような場合が多いです。

 

このような商品を購入してしまってから、
あとになって後悔してしまうということがよくあります。
このような場合は、クーリングオフによって
契約を無条件で解約することができます。

 


クーリングオフは、契約書を受け取った日から8日以内にすることができます。

 

「契約書を受け取った日から」ですので、
契約書を受け取っていない場合は、
いつまででもクーリングオフできることになりますし、
契約書も、厳しい法律の要件を満たしたものではなりませんので、
要件を満たさない契約書をもらった場合も、
いつまででもクーリングオフできるということになります。
(要件とは、8日以内にクーリングオフができる旨を枠で囲って、
赤い文字で一定の大きさ(8ポイント)以上で書くというものです。)

 

クーリングオフをする際は、のちのちのトラブルを防ぐため、
配達証明付きの内容証明郵便で、相手方にその旨を伝えましょう。

 

 

催眠商法、SF商法は違法行為である可能性が高い

また、催眠商法、SF商法は違法行為である可能性が高いので、
もし、クーリングオフ期間が過ぎても無効主張や
不法行為責任を追求できる場合があります。

 

このような業者は、キャンセル希望者やクレームが発生する前提で
行っている場合が多いでしょうから、その扱いにも慣れ、
一般の方が交渉をしてもなかなか難攻して話し合いが進まないことも考えられます。

 

業者はクーリングオフや無効主張ができないような説明をしたり、
うまくはぐらかすようなことをしてくる場合が多いですが、
あきらめずに弁護士に相談してください。

 

弁護士に依頼することで、その交渉力もさることながら、
相手としては面倒なことはできるだけ避けたいので、
弁護士の肩書を聞いた時点で、すぐに交渉を受け入れる
ような場合もあります。
ですので、このような商法に関わりお困りの方は、
なるべく早く弁護士にご相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク