英会話教室、パソコン教室を中途解約、クーリングオフしたい場合

スポンサードリンク

英会話教室、パソコン教室を中途解約、クーリングオフしたい場合

特定継続的役務提供とは

特定商取引法は、特定継続的役務提供について
クーリングオフ、中途解約ができると規定しています。
特定継続的役務提供とは、エスティックサロン、英会話教室、
学習塾、パソコン教室、結婚相談所などといったものです。

 

英会話教室や語学教室、パソコン教室の場合、
2ヶ月を超える期間の契約であり、総額5万円を超える契約である場合
に対象となります。

 

つまり、総額が6万円だとしても
1ヶ月のコースや2ヶ月のコースでも総額が4万円であれば、
ですと、クーリングオフ、中途解約はできないことになります。

 

総額5万円には、書籍やCD、DVDなどの教材代なども含めます。
これら関連商品の売買もクーリングオフすることができます。

 


クーリングオフは、契約書を受け取った日から8日以内にすることができます。

 

「契約書を受け取った日から」ですので、契約書を受け取っていない場合は、
いつまででもクーリングオフできることになりますし、
契約書も、厳しい法律の要件を満たしたものではなりませんので、
要件を満たさない契約書をもらった場合も、
いつまででもクーリングオフできるということになります。
(要件とは、8日以内にクーリングオフができる旨を枠で囲って、
赤い文字で一定の大きさ(8ポイント)以上で書くというものです。)

 

クーリングオフをする際は、のちのちのトラブルを防ぐため、
配達証明付きの内容証明郵便で、相手方にその旨を伝えましょう。

 

クーリングオフをした際の返品送料は業者が負担し、
契約書に違約金、損害賠償を支払わなければならないと書いてあっても、
その必要はありません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

中途解約とは

クーリングオフの期間が過ぎてしまった場合に、
理由のいかんを問わず解約が認められるのが「中途解約」です。

 

中途解約の場合はすでにサービスの一部を受けている場合、
前払い金の全額の返還を請求することはできませんが、
解約金の上限が設けられています。

 

英会話教室や語学教室、パソコン教室の解約金の上限

英会話教室や語学教室、パソコン教室の場合は、
提供された役務に相当する額と5万円、
もしくは契約残金の20%のいずれか低い方の金額の合計額を
解約金の上限として定めています。

 

ですから、例えば20回で20万円のコースであれば、
1回あたり1万円ですので、3回授業を受けた場合、3万円と、
17万円(20万円−3万円)の20%の3万4000円を足した
6万4,000円が支払うべき額で13万7,000円について
返還請求できるということになります。

 

英会話教室など外国語教室、
パソコン教室を始めて後悔し、やめたいなと
クーリングオフ、中途解約を検討する場合はご自身で行動されてもよいですが、
弁護士に、相手に送付する書類の作成を依頼することで、
スムーズかつ正確にできますので、ご検討いただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク