割賦販売で買ったものを返品(クーリングオフ)したい場合

スポンサードリンク

割賦販売で買ったものを返品(クーリングオフ)したい場合

割賦販売とは

割賦販売とは、いわゆる分割払いの支払いによる
商品や権利の購入のことですが、
割賦販売法という法律は、
割賦販売による取引について規制をしています。

 

割賦販売法は次の場合を「割賦販売」とし、
この法律の対象になるとしています。

 

・代金または対価を2ヶ月以上の期間にわたり、かつ、3回以上に分割して支払う場合
(あらかじめ銀行等に2ヶ月以上の期間にわたり3回以上預金させた後に
代金を支払う場合を含む)
・2ヶ月以上後の1回払い、2回払いによる支払い
・信販のように加入者がカードなどで商品を購入し、あらかじめ定められた算出方法で
代金を支払う場合
少しわかりにくいかもしれませんが、
「支払期間が2ヶ月未満の分割払い
支払回数が3回未満の分割払い
の場合は適用されない」
と考えるとわかりやすいかと思います。

 

割賦販売のクーリングオフ

割賦販売に該当し、販売方法が特定商取引法に定める訪問販売、
電話勧誘販売などに該当する契約をした場合は、
クーリングオフ(無条件で売買契約を解除)することができます。

 

クーリングオフができるのは、契約書を受け取った日から、
8日以内にすることができます。

 

「契約書を受け取った日から」ですので、
契約書を受け取っていない場合は、
いつまででもクーリングオフできることになりますし、
契約書も、厳しい法律の要件を満たしたものではなりませんので、
要件を満たさない契約書をもらった場合も、
いつまででもクーリングオフできるということになります。
(要件とは、8日以内にクーリングオフができる旨を枠で囲って、
赤い文字で一定の大きさ(8ポイント)以上で書くというものです。)

 

日本国外で契約した場合、営業用に購入したもの、
一定の消耗品(化粧品、健康食品など)を使用してしまった場合については、
クーリングオフすることはできません。

 

クーリングオフをする際は、のちのちのトラブルを防ぐため、
配達証明付きの内容証明郵便で、相手方にその旨を伝えましょう。
クーリングオフについて不明、不安な点は弁護士にご相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク