不動産売買の媒介契約の種類

スポンサードリンク

不動産売買の媒介契約の種類について

不動産売買の媒介契約とは

媒介契約とは、当事者の一方または双方から
売買の成立についての委任を受けるというものです。
主に不動産売買の際にされる契約で、
不動産会社に不動産売買を依頼する場合は、
必ず媒介契約を締結することになります。

 

不動産売買の媒介契約の種類

媒介契約は不動産業(宅建業)について
規定する宅地建物取引業法によって定められており、
専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類が規定されています。
この3種から、依頼主(売主)が選択することなります。

 

専属専任媒介契約

特定の不動産業者のみに仲介を依頼し、
他の不動産業者に依頼することができない契約です。

 

依頼を受けた不動産業者は、媒介契約締結後5日以内に
目的物件を不動産流通機構に登録し、依頼主に対して、
1週間に1回以上文書による
売却活動の状況を報告しなければなりません。

 

専属専任媒介契約を締結した場合、
依頼主は、自己発見取引(自分で購入希望者を見つけること)はできません。
専属専任媒介契約の有効期間は3ヶ月以内です。

 

以後売主と不動産会社の合意により
契約更新することができます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

専任媒介契約

「専属専任媒介契約」と同様に、
特定の不動産業者のみに仲介を依頼する契約です。

 

依頼を受けた不動産業者は、
媒介契約締結後7日以内に目的物件を不動産流通機構に登録し、
依頼主に対して、2週間に1回以上文書による
売却活動の状況を報告しなければなりません。

 

依頼主は、自分で購入希望者を見つけることができます。

 

専任媒介契約の有効期間は3ヶ月以内です。
以後売主と不動産会社の合意により
契約更新することができます。

 

一般媒介契約

複数の不動産業者に重ねて
仲介を依頼することができる契約です。

 

目的物件を不動産流通機構に登録するかどうかは依頼主の任意で、
不動産業者に報告義務はなく、依頼主も自己発見取引
(自分で購入希望者を見つけること)ができます。

 

一般媒介契約に有効期間の定めはなく無制限にすることができます。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク