母子健康手帳はいつ交付してもらえる?

スポンサードリンク

母子健康手帳はいつ交付してもらえる?

母子健康手帳とは

母子健康手帳とは、母子保健法に定められた
市町村が交付する手帳のことです。

 

母子健康手帳は、
妊娠、出産、育児に関する健康の記録、情報が、
一つの手帳で管理され、保健指導の資料にもなります。

 

妊娠していることが分かったら妊娠届を提出

妊娠していることが分かった時
(目安としては妊娠10週以降)に
住所地の市区町村長に「妊娠届」を提出しますが、
この際に、市区町村長から
母子健康手帳を交付されることになります。

 

母子健康手帳は、
国籍や年齢に関わらず交付を受けることができます。

 

妊娠届は、市区町村によっては、
産院の証明書などが必要な場合もありますので、
必要書類などについては、
各市区町村の役所にお問い合わせください。

 

「妊産婦」「乳児」とは

妊産婦とは、妊娠中または
出産後1年以内の女子をいい、
乳児とは、1歳に満たない者をいいます。

 

妊産婦は、医師、歯科医師、
助産師、保健師などて医療関係者から
健康診断や、保健指導を受けた場合は、その都度、
母子健康手帳に必要な事項を記入し、また、乳児についても
同様に記入していきます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

母子健康手帳の主な内容

母子健康手帳の主な内容は、
妊娠中の経過、乳幼児期の健康診査の記録、予防接種
の記録、乳幼児身体発育曲線などのほか、
日常生活上の注意、子育て上の注意、
妊産婦・乳幼児の栄養の摂取方法、
予防接種に関する情報など全国的に共通の事項の他、
各市町村の判断で、独自の記載がなされる場合もあります。

 

これら必要事項の他、妊産婦の気持ちを
つづるスペースもありますので、
そのときの心情やエピソードなどをつづることで、
家族の子育て期の記録、子育て支援ツールとしての活用にもなり、
この記録は母や子、家族にとっても、
かけがえのない宝物となるでしょう。

 

厚生労働省HP 母子健康手帳について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-hoken/kenkou-04.html

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク