児童扶養手当とは?受給資格者などについて

スポンサードリンク

児童扶養手当とは?受給資格者などについて

児童扶養手当とは

児童扶養手当とは、父母が離婚、死亡などで
父又は母の一方からしか養育を受けられない家庭の児童のために、
ひとり親家庭の生活の安定と自立の促進に寄与し、
児童の福祉の増進を図ることを目的として、
地方自治体から支給される手当のことです。

 

手当を受けることができるのは、
原則として児童を監護する、児童の母です。
ただし、母がないか、もしくは母が監護しない場合は、
当該児童を養育する(児童と同居し生計を維持する)者が
手当を受けることができます。

 

児童が18歳になった年の年度末まで
受給することができます。

 

特別児童扶養手当を受給できる程度の障害にある場合は、
20歳に到達するまで児童扶養手当の対象となり、
この場合は児童扶養手当と特別児童扶養手当を両方受給できます。
児童扶養手当は児童手当との併給もすることはできます。

 

公的年金を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、
平成26年12月以降は、
年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

児童扶養手当を受給できる場合

・父母が離婚した
・父又は母が死亡した
・父又は母が一定程度の障害の状態にある
・父又は母が生死不明である
・その他これに準じるもの
・父又は母に遺棄されている児童
・父又は母が一年以上拘禁されている児童
・母が未婚のまま懐胎した児童
・孤児など

 

児童扶養手当を受給できない場合

 

・日本国内に住所がない
・父や母の死亡に伴う年金・労災などを受給できるとき
・里親に委託されているとき
・請求者ではない、父又は母と生計を同じくしているとき(父又は母が障害の場合を除く)

 

児童扶養手当の額

児童扶養手当は、お住まいの市区町村に請求することによって支給が開始されます。
年3回、4月、8月、12月に前月分までが支給されます。

 

児童扶養手当の支給額は次の通りです。

 

児童が1人 月額4万1720円
児童が2人 月額4万6720円
児童が3人 月額4万9720円
以後児童が1人増えるごとに月額3000円追加

 

詳しい情報、最新の情報は、各自治体、厚生労働省にお問い合わせください。

 

厚生労働省HP 児童扶養手当について
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/osirase/100526-1.html

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク