児童手当(子ども手当)とは?所得制限、支給額、支給月日などについて

スポンサードリンク

児童手当とは?所得制限、支給額、支給月日などについて

児童手当とは

児童手当は、家庭生活の安定に寄与し、
児童の健全な育成、資質の向上をはかるため
子どもの父母のうち、原則として
所得が高い方が(家計の主宰者)に支給されるものです。

 

なお、児童手当の財源は
国、都道府県、市町村、事業主拠出金で構成されています。

 

中学3年生までの子どもを養育されている方に支給されます。

 

児童手当は申請されないと支給されませんのでご注意ください!
(申請月の翌月分から支給されます)。
公務員の方は原則職場での手続きとなります。

 

児童手当の支給額

児童手当の支給額は次のとおりです。

 

0歳から3歳未満  15,000円
3歳から小学生   10,000円(第三子以降15,000円)
中学生       10,000円

 

2012年6月分(平成24年度)からの新しい児童手当に関しては所得制限がかかります。
請求者(受給者)の所得が次の所得制限限度額以上である場合は、
子どもの人数や年齢区分にかかわらず、子ども1人につき月額5,000円が支給されます。

 

         所得額   収入額 
0人      630万円   833.3万円
1人      668万円   875.6万円
2人      706万円   917.8万円
3人      744万円   960.0万円
4人      782万円   1002.1万円
5人目以降 1人増すごとに38万円加算

 

 

児童手当の支給額申請に必要なもの

・請求者本人の健康保険証のコピー
・請求者名義の口座の通帳またはキャッシュカードのコピー
・印鑑(認印で結構です)

 

各自治体によって異なる点もありますので、お住まいの地域の自治体に
お問い合わせください。

 

厚生労働省HP 児童手当について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/jidouteate/

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク