母子家庭の保育料の免除と減額

スポンサードリンク

母子家庭の保育料の免除と減額

認可保育園の保育料

認可保育園の保育料は、
その自治体によって異なりますが、
前年度の世帯収入によって保育料が
決まるようになっています。

 

母子家庭という理由で保育料が
安くなるわけではありませんが、
所得の少ない母子家庭の場合、
保育料は無料や、かなり安くなる場合が多いです。

 

母子家庭でも収入が多ければ、
それに応じて保育料は高くなります。

 

注意が必要なのは、「世帯収入」で判断されますので、
お母さんが実家にお住まいの場合、
おじいさん、おばあさんに収入があれば、
その世帯収入をもとに保育料が算定されますので、
保育料が高くなる場合もあります。

 

多くの自治体では兄弟や姉妹で2人以上入所した場合、
保育料が減額されます。

 

3人目以降は無料の自治体もあります。

 

私立保育園の場合

私立保育園の場合、
認可と認可外のものがありますが、
最近は認可外の保育園にも自治体が
助成金を出す傾向になり、
保育料の差もなくなりつつありますが、
基本的には、認可外の保育園の保育料の方が
高い場合が多いのが一般的です。

 

私立保育園の場合、
公立の保育園よりも保育料が高くなるのが一般的で、
全額免除となる場合は少ないようです。

 

また、公立保育園の場合は、
土曜日保育を利用しても
保育料を加算されることはありませんが、
私立保育園の場合は、
土曜日保育を利用する場合は
追加の保育料が発生する場合があります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク