生活保護のメリット・デメリット

スポンサードリンク

生活保護のメリット・デメリット

生活保護の受給要件

生活保護制度は、生活に困窮する方に対し、
その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、
憲法の保障する健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、
自立を助長することを目的とした制度です。

 

生活保護を受けられる条件は下記の全てに該当する世帯です。

・預貯金がなく、持ち家、土地の不動産を所有していない
・生活ができるだけの収入がなく、働くことができない
・身内から援助を受けることができない

なお、多額のローンや借り入れがある場合、任意整理や自己破産手続きがすすめられ、
生活保護を受けることができない場合が多いです。

 

生活保護で支給される保護費

生活保護の受給が認められると、厚生労働大臣が定める基準で
計算される最低生活費と収入を比較して、
収入が最低生活費に満たない場合に、
最低生活費から収入を差し引いた差額が保護費として支給されます。
支給される扶助

・日常生活に必要な費用(食費・被服費・光熱費等)
・アパート等の家賃
・義務教育を受けるために必要な学用品費
・医療サービスの費用
・介護サービスの費用
・出産費用
・就労に必要な技能の修得等にかかる費用
・葬祭費用

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

生活保護のメリット・デメリット

生活保護を受けることのメリットは、
返済の必要のない生活費用を受け取ることができ、
国民年金保険料、住民税や所得税、
病院でかかる医療費等の免除もあります。

 

デメリットとしては、まず申請をした段階で、
援助できる身内がいないかの調査がされ、
身内の方に援助をお願いする連絡が入るので、
身内や周囲の方に生活保護の支給を
しようとしていることが知られてしまいます。

 

また、生活保護の支給が認められると、
さまざまな制限が出るということです。

 

生活保護を受ける要件として、
資産を保有していないことがありますので、
持ち家に住むことができず、
持ち家を相続してそのまま住んでいる場合は、
売却をする必要があり、賃貸住宅の家賃の制限もあります。

 

貯金をすることができず、
貯蓄性の高い保険の加入も認められません。

 

また、車も「資産」となりますので、
自動車を保有することができないので、
地方の場合、車がないと日々の買い物も
大変という地域が少なくないですが、
車のない生活をしなければならないのは地方の場合、
大きな支障をきたすことになります。

 

 

厚生労働省HP 生活保護制度
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク