出産にかかる費用、国から支給される出産育児一時金

スポンサードリンク

出産にかかる費用、国から支給される出産育児一時金

出産時にかかる費用

出産にかかる費用は、
妊娠中の妊婦健診から出産までの病院に支払う費用の他、
マタニティ用品、赤ちゃん用品の費用を合わせて、
50万円〜100万円程度かかると言われています。

 

出産時にかかる費用の内訳、だいたいの目安

妊婦健診…10万円
出産準備用品、マタニティ用品、赤ちゃん用品…30万円
出産費用…30〜100万円
※出産費用は病院や部屋のタイプなどによっても大きく異なり、
豪華な病室、サービスのついたものでは100万円を超える場合もあります。

準備する用品の種類などによっても価格が上下しますが、
多めに見積もって余裕を持って準備しておきたいところです。

 

出産時に国から支給される出産育児一時金

健康保険か国民健康保険に加入し、
妊娠4ヶ月(85日)以上で出産した場合に
国から「出産育児一時金」が支給されます。

 

平成26年時点での支給額は、42万円です。

 

直接支払制度を利用すると、
この出産育児一時金を健康保険から直接病院に
支払ってもらうことができます。

 

直接支払制度を導入していない医療機関もありますので、
制度の利用方法や利用できるかどうかは医療機関にお問い合わせください。

 

また、出産前に社員として女性が働いていた場合は、
出産手当金として、
出産日の42日前から、
出産後56日目までの98日間で会社を休んだ日数に対して、
標準報酬日額の3分の2の給付金が受け取ることができます。

 

なお、切迫流産や妊娠悪阻によって会社を休む場合は、
健康保険から標準報酬日額の3分の2の額の
傷病手当金を受け取ることができます。

 

 

全国健康保険協会HP 出産育児一時金についてよくある質問
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g6/cat620/r310

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク