妊娠届はどこでするか?必要なものは何か?

スポンサードリンク

妊娠届はどこでするか?必要なものは何か?

妊娠していることがわかったときは、
お住まいの地域の市町村役場に
「妊娠届」を出しておくと便利です。

 

妊娠届は、法律で義務付けられた届出
というものではありませんので、
しなかったからといって罰則やペナルティがあるわけではありませんが、
届出することによって、粉ミルク代の支給や、
保健指導、健康診断などの行政サービスを
無料で受けることができます。
(サービスの内容は自治体によって異なります。)

 

妊娠届の提出

妊娠届は、お住まいの市町村役場(健康センターの場合もあります)でしますが、
妊娠届出書に記入する事項は、
住所、氏名、妊娠週数、出産予定日、
通院している医療機関名、受けた検査
などですので、これらがわかるものと、
運転免許証などの身分を証明するものを持参しましょう。
アンケートをお願いしている役所もあるようです。

 

自治体によって、病院から証明書などの
必要書類をもらってくるよう指示される場合もあるようです。

 

また、自治体によっては記入事項や
受付時間が異なる場合がありますので、
事前にお住まいの地域の市役所に
問い合わせておくとよいでしょう。

 

「妊娠届」を提出すると、
「母子健康手帳」(母子手帳)と、
「母と子の保健バッグ(妊婦健診受診票などが入った封筒)」を
受け取ることができます。

 

そして、自治体により異なりますが、保健指導、健康診断、
パパママ教室などといったサービスを受けることができますので、
ご確認ください。

 

それでは、元気な赤ちゃんが産まれることをお祈りしています。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク