任意後見監督人の選任について

スポンサードリンク

任意後見監督人の選任について

任意後見制度とは、将来自分の判断能力が衰えたときのために、
自分の生活、療養看護、財産の管理をする任意後見人を選任し、
判断能力がじゅうぶんな間に、その旨契約をし、公正証書を作成して、
判断能力が衰えた際に、家庭裁判所が
任意後見人を監督する任意後見監督人を選任し、
契約の効力が発生するというものです。

 

任意後見監督人とは

任意後見人は実際に委任者の世話をする役目ですが、
「任意後見監督人」は
この任意後見人の仕事っぷりを監督する役目です。
任意後見監督人は任意後見人の事務について定期的に
家庭裁判所に報告しなければなりません。

 

任意後見監督人の選任を家庭裁判所に申し立てることができる人

任意後見監督人の選任を家庭裁判所に申し立てることができるのは、
委任者(任意後見契約の本人)、配偶者、四親等内の親族、
任意後見受任者です。

 

委任者(本人)以外の者が申し立てる場合は、
本人が意思表明できない場合を除いて、
委任者の同意が必要となります。

 

任意後見人の人選も非常に重要ですが、
任意後見監督人に人選もまた非常に重要ですので、
委任者の生活状況、財産状態、委任者との利害関係、
委任者の意見などもろもろの状況を踏まえて
ふさわしい人物が検討されます。

 

委任者が家庭裁判所に対して希望の人物を伝えることはできますが、
家庭裁判所はその意見に拘束されず、
それ以外の人物を任意後見監督人に選任することができます。

 

任意後見監督人となることができない人

次の者は任意後見監督人になることがきません。
・未成年者
・家庭裁判所で解任などをされた法定代理人、保佐人、補助人
・破産者
・本人に対して訴訟をしている人、その配偶者、その直系血族
・行方の知れない人
・委任者の配偶者
・委任者の直系血族
・委任者の兄弟姉妹

 

裁判所HP 任意後見監督人選任の申立書
http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_kazisinpan/syosiki_01_04/index.html

 

公益社団法人成年後見センターHP 任意後見制度の利用方法
http://www.legal-support.or.jp/support/arbitrarily.html
日本公証人連合会HP 任意後見契約
http://www.koshonin.gr.jp/nin.html

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク