生活保護を受けていても法テラスを利用できる?費用はどうなる?

スポンサードリンク

生活保護を受けていても法テラスを利用できる?費用はどうなる?

生活保護を受けている方も法テラスを利用するでき、
費用に関しても費用の立替制度(代理援助・書類作成援助)を受けることが出来ます。

 

法テラスはまず、無料の法律相談を受け、
資力基準を満たしていること、民事法律扶助の趣旨に適すること、
勝訴の見込みがないとはいえないこと
という条件を満たしている場合に利用することができます。

 

条件を満たし、弁護士・司法書士に依頼する場合は、
法テラスと案件を担当する弁護士又は司法書士と本人の三者間で所定の契約書を締結します。
(契約は、依頼者・法テラス・弁護士又は司法書士の三者間で締結しますので、
もしも依頼後に弁護士又は司法書士を解任したいという場合は、
法テラスに連絡し、三者間で解任の手続きをすることになります。)

 

契約書記載の費用や着手金は、法テラスが弁護士又は司法書士に立て替え払いをしてくれます。

 

立て替え払いをしてもらった費用は、
原則として月額5,000円〜10,000円(事情のよりこれより増減する場合もあります)ずつを返済していくことになりますが、
生活保護を受給している方は、生活保護を受けている間は、
その返済を猶予してもらう(待ってもらえる)ことができます。
また、事件が終了した際にまだ生活保護を受けている場合であれば、
弁済を免除してもらう(支払わなくてもよい)ことができます。
ただし、事件の相手方等から経済的利益を得た場合(例えば過払い金を取り戻せたり、
損害賠償をしてもらった場合など)には、免除されない場合があります。

 

このようなシステムもありますので、弁護士に依頼するにはお金がかかるからと、
躊躇している方も一度、法テラスや弁護士に相談されてみることをおすすめします。

 

 

関連記事
弁護士の探し方
弁護士の「専門」という表示について
法テラスは持ち家があれば利用できない?
法テラスで紹介された弁護士を解任する場合、それまでの費用は?
弁護士、司法書士、行政書士の違い。どんな時に誰に依頼すればよいのか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク