法テラスで紹介された弁護士を解任する場合、それまでの費用は?

スポンサードリンク

法テラスで紹介された弁護士を解任する場合、それまでの費用は?

法テラスで弁護士を紹介してもらい契約してもらったものの、
その弁護士に不満があったり、不審感を抱くなどで解約をしたいという場合、
解約も法テラスを通じて行う必要があります。

 

どの段階で解約をするかなど事情にもよりますが、
弁護士の着手金を支払った場合、着手金が全額返還されるとは限りません。
弁護士の働きに応じて、着手金の一部、または全部が返還されないということもありえます。
依頼者の収入面なども加味して法テラスで、支払いの猶予や免除が認められることもあります。

 

新たに弁護士を探す場合は色々と負担がある
弁護士を解任して、新たに弁護士に依頼する場合、
新たに着手金など費用がかかりますので、費用面を抑えたいために、法テラスを利用したのに、
逆に費用が余計にかかってしまうという残念なケースもあるようです。
また、弁護士が途中まで業務を行い、解任して新たな弁護士に依頼する場合、
新たな弁護士は途中から案件を引き継ぐことになりますので、
やりにくい場合も少なくなく、難色を示して、
断る弁護士も珍しくないので、新たな弁護士を探すのも大変で、
依頼者の精神的な負担が増加してしまうということもあります。

 

法テラスを利用した場合、法テラスも依頼者のために
全力を尽くしてくれるとは思いますが、
紹介された弁護士が必ずしも依頼者にマッチした人物というわけではなく、
このようなトラブルもありえますので、弁護士選びは慎重に行いたいところです。

 

弁護士に依頼する場合は、最近は無料相談を行っている弁護士も
多いですので、無料相談をしてもらって、
信頼できそうな人物かどうか、今後うまくやっていけそうかどうか、
性格的な面も含めてよく判断し、また、費用についてもよく相談して、
納得したうえで、依頼をしていただきたいところです。

 

 

関連記事
弁護士の探し方
弁護士の「専門」という表示について
法テラスは持ち家があれば利用できない?
生活保護を受けていても法テラスを利用できる?費用はどうなる?
弁護士、司法書士、行政書士の違い。どんな時に誰に依頼すればよいのか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク