弁護士、司法書士、行政書士の違い

スポンサードリンク

弁護士、司法書士、行政書士の違い。どんな時に誰に依頼すればよいのか?

弁護士、司法書士、行政書士が「法律家」というイメージで、
その違いがわかりにくいと思いますが、
カタイ法律上の定義はここで置いておき、
一般の方が相談したい場合、誰に依頼するばよいのか
という目線で説明します。

 

弁護士

まずはじめに、弁護士はオールマイティです。
司法書士、行政書士が「法律上」できることは、
弁護士もすることができます。

 

司法書士

司法書士は「登記」の専門家です。
相続により、不動産の名義を変える場合、
不動産を購入した不動産の名義を変える場合
といった不動産登記と、株式会社などの法人を設立する際の登記、
その法人に変更事項が生じた際の登記
など、法務局で行う登記手続きを代理するのが司法書士の業務です。

 

行政書士

行政書士は、その職務の範囲が広いので、
おなじ「行政書士」の肩書きでも、行っている業務が人によって
まったく異なるという場合も多く、少々ややこしいのですが、
主に、役所に提出する書類の作成や、
契約書の作成、外国人の方の在留資格(VISA)関係の業務を行っています。

 

例えば、一定の要件にあてはまる建設業を行うものは、
建設業の許可を国から受ける必要がありますが、
その申請書に記載する事項や添付書類のボリュームは
なかなかですので、経営者に変わってその書類の作成を行い、
役所に提出するという業務です。
契約書や、当事者どうしの話し合いの結果をまとめた
書類の作成も行政書士の業務で、
株式会社を設立する際の定款の作成や、
相続人の遺産分割についての合意をまとめた
遺産分割協議書の作成などといったものも業務となります。
貸したお金を返してほしいとか、損害賠償請求をしたい、といった場合に、
その旨の書類作成について行うことができます。

 

各士業の業務が重なっている場合もあり、線引きが微妙なこともある

行政書士が作成する書類は、弁護士も作成することはできますので、
すべての場合について弁護士に依頼すれば話が早いような気がするかもしれませんが、
一般的に、弁護士の方が報酬が高く、行政書士の方が安いので、
行政書士のできる範囲で、問題が解決できるなら、
そちらの方がよいということで、行政書士に依頼する場合も多くあります。

 

例えば数十万円を請求したいという話のときに、
弁護士に依頼すると着手金だけで数十万円かかることがほとんどですので、
費用倒れになってしまうわけです。
行政書士に書類作成を依頼した場合、数千円から数万円の報酬で
行ってくれるところが多いので、それで話がすむならば、ということです。

 

報酬額については、かつては弁護士、司法書士、行政書士、
それぞれ業務ごとにいくらという決まりがありましたが、
現在は、報酬額については各自で自由に設定できることになりましたので、
それぞれ依頼する際によくご確認ください。

 

ですから、誰に依頼するか考える際の一応の基準は、
まだ相手とモメておらず、あまり相手と波風立てずに安価で
話をまとめたいというような場合であれば行政書士、
相手とモメている場合、請求する金額が100万円以上である場合などは
弁護士に依頼を検討してみてもよいかもしれません。
(相続や離婚の場合も同じく、当事者間でモメていれば弁護士へご相談ください。)

 

 

関連記事
弁護士の探し方
弁護士の「専門」という表示について
法テラスは持ち家があれば利用できない?
生活保護を受けていても法テラスを利用できる?費用はどうなる?
法テラスで紹介された弁護士を解任する場合、それまでの費用は?

スポンサードリンク
スポンサードリンク