弁護士の探し方

スポンサードリンク

弁護士の探し方

お困りごとがあり、法律の専門家に相談しようと思っても、
知り合いに弁護士がいない場合、今まで弁護士という存在と接点がなかった方に
とっては、弁護士に相談するのは、非常に敷居が高く躊躇していることかと思います。

 

弁護士に依頼すると、かなりお金がかかるというイメージもあり、
なかなか弁護士に相談する勇気がわかないということもあるかと思いますが、
ぜひなるべく早く弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

法律トラブルは、動き出すのが早ければ早いほど、選択肢も多く、
有利に、あるいは被害を最小限度に食い止めることになります。

 

たしかに弁護士の報酬は安くはありませんが、その報酬を払っても、
もたらされる利益、減らせる損害は、それ以上となることの方が多いですので、
結果として、相談した方が財産的にも精神的にも助かるということになることが多いです。

 

また、「こんな些細なことを弁護士に相談するまでもないかな…」
という意味で躊躇されている方もいらっしゃるかと思いますが、
そういう小さい事があとあと、大きな問題につながったりすることもあります。

 

一度、相談をしてみて、弁護士から具体的な選択肢とその結果もたらされる見通しを聞いて、
その上で依頼するかどうかを決めることももちろん可能ですので、
まずは、ご相談の一歩を踏み出していただければと思います。

 

 

さて、いざ相談しようと思っても、どのように弁護士を探したらよいかという点も、
お悩みかと思います。

 

弁護士にはそれぞれ得意分野がある

弁護士は法律のプロですが、法律トラブルを解決するためには、
法律の知識だけでは足りず、それぞれの専門分野の専門知識が必要です。
例えば医療に関する訴訟であれば、医療に関する知識が必要ですし、
建築物の手抜き工事などの問題であれば、建築物に関する知識が必要です。

 

ですから、同じ「弁護士」という肩書きであっても、それぞれの持つ専門知識、経験、
得意分野はそれぞれ異なります。

 

あなたがお困りのことについて、ご自身でふさわしい弁護士を探すのは、
とても大変な作業となりますが、
あなたのお住まいの地域で、あなたのお困りのことについて
ふさわしい弁護士を探すことができるサービスを提供しているサービス、サイトもあります。

 

ふづき

 

関連記事
弁護士の「専門」という表示について
法テラスは持ち家があれば利用できない?
生活保護を受けていても法テラスを利用できる?費用はどうなる?
法テラスで紹介された弁護士を解任する場合、それまでの費用は?
弁護士、司法書士、行政書士の違い。どんな時に誰に依頼すればよいのか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク