隣人の火事の延焼に対する損害賠償責任について(失火責任法)

スポンサードリンク

隣人の火事の延焼に対する損害賠償責任について

民法という法律では、故意または
過失により違法に他人に損害を与えた場合は、
その損害を賠償しなければならないとしています。

 

しかし、失火の場合には、
例外として、失火責任法という法律が適用され、
失火による延焼の場合は、単なる過失ではなく、
「重大な過失」がある場合にのみ損害賠償責任を負うものとされています。

(故意の場合はもちろん損害賠償責任を負います)

 

日本の家屋は
木造建築が多かったため、類焼の危険性が高く、
失火により火事を起こしてしまった者も、
自分の建物を焼失し損害を受けている状態で、
過失による損害賠償責任を負わせるのは酷であるという考え方から、
損害賠償責任は「重過失」の場合にのみ負うという規定となっています。

 

どんな場合が「重過失」に当たるのか

どんな場合が「重過失」に当たるのかということですが、
少し注意すれば防げたような場合で、漫然これを行った
故意に近い状態
が重過失にあたるとされています。

 

このように過失による失火の場合は、法律上は、
損害賠償を負わないということになりますが、
現実では道義的に近隣に見舞金を支払うのが通常で、
失火者が加入している保険の内容によっては、この見舞金を
保険金支払いの対象となっているものもありますので、ご確認ください。

 

過失、重過失の判断や、損害の額がいくらになるのかということは、
個々、具体的な事例により異なりますので、弁護士に
相談されることをおすすめいたします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク