私道、位置指定道路とは?

スポンサードリンク

私道、位置指定道路とは?

私道とは?

国や地方公共団体が
管理する道路を公道といいますが、
私人が築造管理する道路を私道といいます。

 

私道は私人が通行するために
自分の所有地を道路にするものですので、
原則として、私道を作ったり、
変更したり、道路でなくしたりすることは
その土地の所有者の自由ということになります。

 

私道を通行するためには、
所有者の承諾が必要ですし、
所有者の承諾なく私道に変更を加えるような行為をした場合は、
当然ながら不法行為となり、
原状回復費等について
損害賠償の責任が生じます。

 

私道は原則としては、
その土地の所有者のみが通行できる道路ですが、
所有者以外の一般人や周辺の人が自由に通行できる
「私道」もあります。
位置指定道路というものです。

 

位置指定道路とは?

政令が定める基準を満たし、
特定行政庁(主に都道府県知事)から
位置指定を受けた幅員4メートル以上の私道は、
一般交通のために利用される道路となります。

 

これを「位置指定道路」といいますが、
位置指定道路となった場合、
その変更、廃止は制限され、
私道上に通行の妨害となるようなものを設置することはできず、
周辺住民は、そのような妨害物がある場合、
撤去を請求することができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク