筆界特定制度とは?かかる費用は?

スポンサードリンク

筆界特定制度とは?かかる費用は?

筆界特定制度とは

筆界とは、登記された土地と土地の境のことで、
境界確定訴訟にいう公法上の境界と同じものです。

 

筆界特定制度とは、土地の所有者として
登記されている人などの申請に基づいて、
筆界特定登記官(土地家屋調査士など)が、
外部専門家である筆界調査委員
(弁護士、土地家屋調査士など)の意見を踏まえて、
現地における土地の筆界の位置を
特定するという制度です。

 

筆界特定制度は、
新たに筆界を決めるというものではなく、
実地調査や測量を含む様々な調査を行い、
もともとあった筆界を筆界特定登記官が
公的に明らかにするという制度です。

 

これにより、隣地の所有者と裁判で争わずに、
問題を解決することが
できますが、この結果に納得がいかない場合は、
裁判で争うこともできます。
(なお、この制度はあくまで境界を決めるものですので、
所有権がどちらにあるかを特定するものではありません)
境界確定訴訟は、かなりの時間と労力を要しますが、
筆界特定制度は境界確定訴訟よりも
適正、迅速に筆界紛争を解決する
手段となっています。

 

筆界特定の申請

筆界特定の申請は、土地の所有者が、
対象となる土地を特定し、
特定を必要とする理由を明らかにし、
対象となる土地を管轄する
法務局または地方法務局に申請します。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

筆界特定の申請の手数料

申請の手数料は、
土地の価格によって決まります。

 

だいたいの目安としては、
数千円から数万円程度となります。

 

たとえば、申請人の土地とその隣の
土地の価格の合計額が4,000万円である場合には、
申請手数料は,8,000円になります。

 

その他、測量が必要となる場合、
測量の費用が発生します。

 

こちらも土地の大きさにより異なりますが、
だいたい十万から数十万円ぐらいの場合が
多いようです。

 

筆界特定申請後の流れ

筆界特定申請をしたら、
筆界特定がなされるまでの標準的な期間を
法務局又は地方法務局があらかじめ公表することとされています。

 

申請人及び関係者に意見を述べ、
資料を提出する機会が最低1回は与えられ、
その期日以外にも意見または
資料提出ができるものとされています。

 

筆界特定がなされると
結論と理由の要旨を記載した筆界特定書の写しが、
申請人に交付され、筆界特定した旨が公告され、
関係者にも通知されます。
筆界特定の結果、必要があれば
職権で地積変更登記や地図の訂正がなされます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク