境界確定訴訟、所有権確認訴訟とは?

スポンサードリンク

境界確定訴訟、所有権確認訴訟とは?

土地には一筆の土地に地番という番号がついていますが、
隣接する土地でこの土地の境界が不明な場合があります。

 

境界確定訴訟

境界を決定するための裁判が
「境界確定訴訟」ですが、
この境界は公法上のもので、
「公のもの」ですので、
当事者の主張に拘束されることなく、
裁判所が確定することができます。
(境界確定訴訟においては境界の一部だけや、
起点となる一点のみの確定を
求めることはできず、裁判所は
必ず境界を決定しなければなりません)

 

また、隣接する当事者どうしで
境界の確定について和解をすることはできません。
つまり、実際の境界と異なるところを
境界しようとお互いの意思が合致したとしても、
そのような境界の決め方をすることはできないということです。

 

境界確定訴訟の判決に不服の場合

境界確定訴訟の判決に不服の場合、
上訴することができますが、
上訴審の裁判所は不服申立ての内容に拘束されず、
不服申立てをした当事者に
不利益に判決が変更することができるとされています。

 

これに対して所有権確認訴訟ですが、
こちらは文字通り土地の所有権を確認するための
訴訟というわけですが、土地の所有権は
一筆の土地の一部に対しても発生します。

 

つまり、公法上の区画の境界と、
所有権の範囲が一致しないということもあり得るということです。

 

所有権確認訴訟では、
裁判所は当事者の主張に拘束されます。
原告が所有権の範囲を証明できなければ、その請求は棄却され、
紛争は解決しないまま裁判が集結するということになります。

 

裁判上の和解や時効取得によって
境界と異なる線引きで所有権が確認されても、
境界そのものが移動するということはなく、
土地の分筆登記をした上で、所有権移転登記をするということになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク