隣地境界上の塀、フェンス、溝、堀の所有者は?

スポンサードリンク

隣地境界上の塀、フェンス、溝、堀の所有者は?

隣地境界上の塀、フェンス、溝、堀などといった
構造物を建築する際、
相隣者どうしが話し合いでどちらか一方の費用で、
片方の所有物とすることは可能ですが、
すでにこのような境界物のある土地を購入し、
その所有者が不明な場合は、
民法の規定においては、
原則として相隣者の共有に属するものと推定されます。
(「推定」ですので、これと異なる証拠等があれば
どちらかの所有物とすることもあり得ます)

 

境界線上の構造物が共有ということは、
日常の修繕など「保存行為」に該当する場合は、
共有者の一人が単独ですることができ、
保存行為の範疇を出る「管理行為」を行う際は、
共有持分者の過半数の同意で行い、
処分をする場合は、共有者全員の同意が必要です。
(何が「保存行為」「管理行為」「処分行為」
にあたるかの具体的な線引きについては、
弁護士などに具体的に状況を説明し、ご相談ください)

 

このような境界物の「共有の推定」
を受けない場合もあります。

 

境界線上にあるのが建物の一部という場合は、
建物のその一部だけが
共有というのもややこしい話ですので、
建物所有者の単独所有であるとされます。

 

同じ高さの建物の壁どうしが接合している場合は、
その壁は共有と推定されますが、
高さが異なる建物の壁どうしが接合している場合は、
その壁は高い建物を所有している方の所有とされます。

 

ただし、例外として、その壁が防火壁の場合は、
高さが異なっても共有とされます。

 

境界上に塀やフェンスをこれから作る場合の費用

境界上に塀やフェンスなどを
これからつくろうという場合の費用は、
隣接した建物の所有者どうしが半分ずつ負担するのが原則です。

 

話し合いがまとまらない場合に、
片方が勝手に塀やフェンスなどをつくって
その代金の半分を請求するというようなことは認められません。
相手が応じない場合は、あたかじめ裁判で費用を半分ずつ
出して塀やフェンスなどをつくることを命じる判決を受けた上で、
しなければならないことになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク