境界線ギリギリに隣地に建物が建てられた場合どうすればよいか?

スポンサードリンク

境界線ギリギリに隣地に建物が建てられた場合どうすればよいか?

土地に建物を建てる場合、隣の土地との境界線から
一定の距離をとらなければならないことを
民法という法律が規定しています。

 

(境界線付近の建築の制限)
第二百三十四条  建物を築造するには、境界線から50センチメートル以上の距離を保たなければならない。
2  前項の規定に違反して建築をしようとする者があるときは、隣地の所有者は、その建築を中止させ、
又は変更させることができる。ただし、建築に着手した時から一年を経過し、
又はその建物が完成した後は、損害賠償の請求のみをすることができる。
(なお、異なった慣習がある場合や、建築基準法において防火地域または準防火地域における
耐火構造の建物の場合は、これと異なる扱いとなりますので、ご注意ください)

 

外壁後退義務

このように一定の建物を建てる際は
一定の距離をとらなければならないというルールを
外壁後退義務といいますが、
民法に規定されている通り、建築前や、
建築開始から1年以内であれば、
中止や変更を請求できますが、
完成してしまった場合や建築開始から
1年を経過した場合は、
建物をどうにかすることは請求できず、
損害賠償を請求できるのみとなります。

 

請求する側もこの距離制限に違反している場合は、
隣地が違反をしていても、
建物の中止、変更、損害賠償請求をすることは
原則として認められませんが、
一方の違反の程度が著しい場合や、
社会通念上受任すべき限度を超えている場合は、
損害賠償請求が認められる場合もあります。

 

前述した通り、建築基準法上や、
その地域の慣習がある場合や、
違反の程度やその損害の額の算出方法などについては、
個々の状況により異なりますので、
弁護士などの専門家にご相談されることを
おすすめいたします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク