マンションの管理費、修繕積立金を前所有者が滞納していた場合の支払い義務は?

スポンサードリンク

マンションの管理費、修繕積立金を前所有者が滞納していた場合の支払い義務は?

分譲マンション(区分所有建物)を購入した場合、
それぞれの部屋の所有者(区分所有者)は、
建物の管理に必要な費用について負担しなければなりません。

 

ですから、購入者は住宅ローンの支払いの他に
管理費、修繕積立金の支出が必要になります。
(その他駐車場を利用する場合は駐車場代もかかります。)

 

マンションの管理費

管理費とは、日頃の清掃費や管理員人件費
公租公課、共用設備の保守維持費および運転費、
共用部分等に係る火災保険料その他損害保険料、
エレベーター設備などの動力費、廊下や街灯の電気代
経常的な補修費、管理組合の運営などに要する費用です。

 

これらの具体的内容やその金額は、
管理組合の総会(集会)で決定されます。

 

ちなみに1階の住人はあまりエレベーターを使用することがないので、
その分、管理費を安くしろという考え方もできなくもなさそうですが、
結論として、基本的にそのような主張は
認められないと考えた方がよいでしょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

マンションの修繕積立金

修繕積立金は、長期修繕計画に基づく修繕費等などの
特別の管理に要する経費に充当されるものです。

 

一定年数の経過ごとに行う修繕
不測の事故その他特別の事由により必要となる修繕、
敷地および共用部分等の管理に関し、
区分所有者全体の利益のために特別に必要となる管理
に際して取り崩すことのできるお金を
区分所有者全員で積み立てていくものです。

 

この積立金については、組合に帰属するものとして、
区分所有権が譲渡されても返還の対象としない旨の規約で
定められていることが多いようです。
つまり、数年間積立てをして、修繕が行われる前に
そのマンションを売却するとしても、積立金を返してくれとは
主張できない場合が多いと考えられます。

 

前の所有者が管理費を滞納していた場合

前の所有者が管理費を滞納していた場合、
そのマンションを購入した新所有者は、前所有者の滞納分を
支払う義務がありますので注意しましょう。

 

新所有者が前所有者の滞納管理費を支払った場合、
前所有者に対して
その返還請求をすることができるのが原則ですが、
売買契約に際して、滞納管理費を
新所有者が支払う旨の合意がされていたり、
あらかじめ滞納ぶんだけ値引きしての売買契約の場合は、
前所有者に対して請求することはできません。

 

競売の場合は、管理費の滞納額について公示され、
それを踏まえて値段がつきますので、
新所有者が滞納管理費を支払っても、
前所有者に返還請求することはできないと考えられます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク