マンションの総会(集会)の招集、決議、議事録について

スポンサードリンク

マンションの総会の招集、決議、議事録について

マンションの総会は管理組合の最高の意思決定機関とされ、
規約の設定、変更、廃止、共用部分の管理に関する事項、
管理者の選解任や、管理組合の予算決議、
大規模修繕計画の策定など
管理組合の方針を決議します。

 

マンションの総会の招集

管理者が選任されている場合、
マンションの総会は管理者が招集しますが、
区分所有者の5分の1以上で、
議決権の5分の1以上を有する区分所有者も
総会を招集することができます。

 

総会は規約に別段の定めがないときは、
少なくとも開催日の一週間以上前に
マンションの掲示板などに開催日時、
会議の目的たる事項を掲載し、
各区分所有者に通知しなければなりません。

 

当日、総会に出席できない区分所有者は、書面や代理人、
電子メールで議決権を行使することもできます。

 

マンションの総会の決議

総会の決議は、あらかじめ通知した議案のみを決議できるのが
原則ですが、規約に定めがあれば、
普通決議で決することのできる事項
(区分所有者総数および議決権総数の過半数で決する事項)であれば、
その議題についても決議することができます。

 

議決事項により、区分所有者総数および
議決権総数における必要な数は異なります。
次のようになっています。

 

共用部分の変更 4分の3
規約の設定,変更または廃止 4分の3
建物大規模滅失の場合の共用部分の復旧 4分の3
建替え決議に関する物 5分の4
役員の選任、または解任 過半数
管理費などの決定または変更 過半数
組合の収支予算の決定または変更 過半数

 

総会の議事録

総会の議長が議事の経過の容量およびその
結果を記載して議事録を作成し、議長および集会に出席した
区分所有者の2名がこれに署名押印する必要があります。
議事録は規約や総会の決議に変わる全員合意書面などとともに
保管しなければなりません。
なお、議事録は電子データで作成することも可能です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク