マンションの管理組合の業務などについて

スポンサードリンク

マンションの管理組合の業務などについて

マンションの管理組合とは

マンションや団地の購入者は、
区分所有法に基づき「区分所有者」といいます。

 

マンションの管理組合は、
この区分所有者によって構成される団体
(つまりマンションの住人の集合体)です。

 

2人以上の区分所有者がいる区分所有建物は、
管理組合が当然に成立し、
各区分所有者はなんの手続きを経ることもなく、
当然に管理組合の構成員になります。

 

管理規約に基づき、
管理組合の最高意思決定機関である総会にて
選出された理事長、会計と、
マンションの規模に応じた人数の理事によって構成される
理事会、理事会を監査する監事が組合運営を行います。

 

マンションの管理組合の業務

管理組合の業務は、集会の開催、日常の清掃、
設備の点検や、共用部分の日常の管理や維持にあてる管理費の徴収、
建物の老朽、破損のための修繕費の積立金の徴収、
建物の共用部分、敷地、附属施設の管理
といったものがあります。

 

建物の共用部分、敷地、附属施設の管理には、
大きくわけると日常の管理、変更、保存行為
がありますが、日常の管理については
区分所有者および議決権の過半数による集会の決議、
変更については区分所有者および議決権の4分の3以上の多数による集会の決議、
共用部分の緊急を要する修繕や第三者の侵害行為の排除などの
保存行為は、各区分所有者が単独で行うことができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク