分譲マンションを賃貸のトラブル、権利義務について

スポンサードリンク

分譲マンションを賃貸したときの賃貸人と賃借人の権利義務について

分譲マンションの区分所有者は、自分の専有部分を賃貸し、
他人に使用収益させることができます。

 

管理組合、管理者がマンションを管理する上で
所有、利用状況を把握するため、
多くの場合、分譲マンションの専有部分を賃貸する際は、
規約で管理組合、管理者に対して
通知することが必要とされています。
(この通知は法律上強制されるものではないので、
この規約に違反し、通知を怠ったとしても、
賃貸借契約の効力を否定されるということにはなりません。)

 

分譲マンションの賃借人も基本的には

区分所有者と同様の権利義務


基本的に賃借人は区分所有者と同様に、
マンションの専有部分、共用部分を利用することができ、
また、賃借人も区分所有者と同様に、
建物の保存、管理、使用に有害な行為や、
他の区分所有者の共同の利益に反する行為を行ってはならない
という義務を負います。

 

「共同の利益に反する行為」は
総合的に判断されるものですが、
例えば、居住以外の目的の使用を禁止しているマンションで、
賃借人が店舗にしたり、会社の事務所にしたりすることで、
他の区分所有者に迷惑をかけてはならないということです。

 

そのような場合、差止請求や使用禁止請求を受け、
立退かなければならない場合もありますので、
賃貸借契約を締結する際にその目的で使用できるのか
しっかりと確認する必要があります。

 

区分所有者は賃借人に対して、マンションの規約や、
共用部分や敷地の利用方法についての定めを守らせる義務が
ありますので、賃貸借契約を結ぶ際に
しっかり説明しなくてはなりません。

 

賃借人は、管理組合の構成員となる資格はない

賃借人は、管理組合の構成員となる資格はなく、
管理組合の集会に出席する権利も義務もありませんが、
区分所有者から委任状をもらって代理人として
集会に出席することはでき、
意見を述べる権利があります。

 

このように賃借人は区分所有者とほぼ同じ権利義務で
マンションを使用することができますので、
ぜひともそのマンションの一員としての自覚を持ち、
他の住人とともにお互い円満な
マンション生活をおくっていただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク