分譲マンションのペットトラブル、問題の裁判例

スポンサードリンク

分譲マンションのペットトラブル、問題の裁判例

マンションなど区分所有建物では、区分所有者(マンションの住人)は、
建物の保存に有害な行為や、
建物の使用、管理に関して
共同の利益に反する行為はしてはならないとされています。

 

マンション内での動物の飼育

マンション内で動物の飼育をすると、鳴き声による騒音や
臭気、体毛、糞尿などによるマンションの汚損や、
病気の伝染や衛生上の問題などの発生が予測されることから、
マンションの管理規約でペットの飼育を禁止している場合が多くあります。

 

こうしたペットを禁止するマンションの規約は
有効かどうかという点について裁判で争われましたが、
わが国の社会情勢、国民の意識に照らし、
全面的にペットの飼育を禁止した規約も、
相当の必要性、合理性があるとし、規約によって
動物の飼育を禁止される者の受ける損害は、
社会生活上通常受受忍すべき限度を超えたものとはいえないとし、
そのような規約を有効と認めました。

 

たしかに、ペットを飼いたい人にとって
その飼育を禁止される辛さというものはありますが、
動物を苦手に思う人が多くいることも事実で、
その方がペット禁止の規約で、
他の住人もペットを飼育しないということも含め
そこに居住を決定した場合、やはり、
その規約をやぶってペットを飼育する人がいては、困ります。

 

そのような場合は、やはりペットを飼いたいという方が
我慢をしなければならないということを
受け入れるのが妥当かと思います。

 

最近ではペットの飼育を可能とした
規約のマンションもたくさんありますので、
ペットの飼育を希望する方は、
あらかじめそのような物件を探した方が
後々のトラブルを考えると双方のためによいかと思います。

 

もし、マンションのペットの飼育についてモメていたり、
ペット禁止の規約があるにもかかわらず、こっそりとペットを飼育し、
迷惑しているようなことがある場合は、
弁護士など法律の専門家にご相談されてみては
いかがでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク