交通事故のケガに健康保険を使えるか?

スポンサードリンク

交通事故のケガに健康保険を使えるか?

交通事故で負傷し、病院や医院で治療を受ける際、
加害者から治療費の賠償を受け、
自由診療による治療を受けることもできますが、
被害者の健康保険を適用して治療を受けることもできます。

 

法的には、交通事故の場合も健康保険を適用した治療を受けることはできる

健康保険を適用した治療を拒む病院、医院もありますが、
法的には、健康保険を適用した治療を受けることはできます。
(病院が拒む理由としては、健康保険を使った治療をすると、
病院経営的に自由診療よりも不利(儲けが少ない)ということが理由かと思います。)

 

被害者が健康保険を適用して治療を受けた場合、
加入している健康保険に「第三者行為による傷病届」を提出することで、
健康保険組合が治療費を立て替えて、
医療機関に支払いをしてくれることになります。

 

そして健康保険組合が、被害者が加害者に対して持つ
損害賠償請求権を被害者にかわって
加害者に対して請求することになります。

 

加害者が任意保険に加入しておらず、
自賠責保険の保障(120万円)を
超える治療費が必要となり、
加害者からの賠償が期待できないような場合は、
健康保険を利用した治療を受けるのが望ましいでしょう。

 

また、被害者側に過失がある場合、
加害者からの賠償額が実際の治療費よりも少なくなりますので、
このような場合も健康保険を適用した治療を
受けるのが望ましいといえます。

 

病院、医院の窓口で、
「交通事故の場合、健康保険は使えませんよ」
と言われることもありますが、鵜呑みにせずに、
加害者に対する賠償額、保険加入の有無、
被害者の過失割合などを踏まえた上で弁護士など法律の専門家に相談し、
妥当な判断をしていただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク