他人の車で事故を起こした場合の【他車運転危険担保特約】とは

スポンサードリンク

他人の車で事故を起こした場合の【他車運転危険担保特約】とは

他車運転危険担保特約とは

友達数人で旅行に行った際など、
他人所有の自動車を運転するということはよくあると思います。

 

他人の自動車で交通事故を起こしてしまい、
自動者の所有者が保険に加入していないという場合に、
運転をしていた者が加入している任意保険で
その損害の補填ができる場合があります。

 

そのような特約を「他車運転危険担保特約」といいます。

 

他車運転危険担保特約が適用される条件

この特約が適用されるには、次のような制限があることが多いです。
任意保険の加入者は法人ではなく、個人であること、
運転していた自動車が自家用車であること(営業用の車両ではない)、
運転していた自動車が、運転者の配偶者や
同居の家族の所有ではないこと、
運転者が、運転していた自動車を常時使用していたものでないこと、
といった制限があり、これらにあてはまる場合は、
他車運転危険担保特約が
適用されず保険金を受取ることができないという場合もあります。

 

この他車運転危険担保特約がついているかどうか、また、
この特約が適用されるかどうかなどは
加入している保険会社にお問い合わせください。

 

問い合わせた結果、適用にならないという場合でも、
具体的な状況にもよりますが、
なんらかの選択肢がある場合もありますので、
交通事故にくわしい弁護士などに相談してみることをおすすめします。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク