加害者が保険に加入していない場合(無保険車傷害保険について)

スポンサードリンク

加害者が保険に加入していない場合(無保険車傷害保険について)

交通事故で損害を受けた被害者は、
加害者に対してその賠償を請求することができますが、
その賠償額は数千万円から億を超える額となることもあります。

 

そのような場合、加害者が任意保険に加入していれば、
その保険金により賠償をしてもらうことができますが、
加害者が任意保険に加入していないような場合、
現実的に数千万円以上の保障をすることは難しいでしょう。

 

こういった場合、結局被害者が
損害の賠償を受けられないという
気の毒なことになってしまいますが、
被害者が加入している保険によっては、
加害者が保険に入っておらず損害の賠償をしてもらえない場合に
保障をしてくれる「無保険車傷害保険」というものもあります。

 

無保険車傷害保険により支払われる額

無保険車傷害保険により、
支払われる保険金の額は、
被害者が加害者に対して請求できる損害賠償の額が基準となり、
自賠責保険や有効に支払われる
保険金の額を差し引いたものとなります。

 

無保険車傷害保険の対象

無保険車傷害保険の対象となるのは、
死亡事故か、交通事故により後遺障害が生じる場合です。

 

交通事故により、負傷したものの、
後遺障害が生じない場合は、
無保険車傷害保険の対象となりませんので注意してください。
後遺障害が生じた場合は、治療費のほか、
慰謝料や通院交通費も損害額として算定されます。

 

このように、加害者が任意保険に加入しておらず、
加害者からじゅうぶんな保障を
受けられないという場合でも、被害者が加入している保険で保障を
受けることができる場合もありますので、
このようなことでお困りの方は、
保険会社や弁護士に相談してみるとよいでしょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク