加害者が不誠実な場合 被害者が自賠責保険を請求できます

スポンサードリンク

加害者が不誠実な場合 被害者が自賠責保険を請求できます

交通事故により、損害を被った場合に、被害者は加害者に対して
その損害の賠償を請求することができますが、
現実に加害者が損害を賠償をしてくれない場合、
法的手段で強制的に履行をさせるということになりますが、
これはかなり時間と労力がかかります。

 

被害者が加害者の加入する自賠責保険から保険金を請求できる

強制加入である自賠責保険は、
本来事故の加害者が損害を賠償し、
その額を加害者が保険の請求をするというのが原則ですが、
加害者がこのような行動をとってくれない場合、
被害者が、加害者の加入している自賠責保険に対して
保険金を請求することができます。

 

保険会社で手続きの方法や申請書類などを手に入れ
保険請求の申請をすることができますが、
事実調査がありますので保険金を受取るまでには、時間がかかります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

仮渡金制度

緊急に支払いを必要とする被害者が保険会社に対し、
一定金額をすみやかに
受け取ることができる仮渡金制度というものがあります。
仮渡金で受け取ることができる金額は、損害の程度に応じて
5万円、20万円、40万円の3段階となっています。

 

また、治療中で損害額が確定していない場合でも、
すでに発生した損害額が10万円以上の場合は、
10万円ごとに保険金を内払請求することができます。

 

とりあえず、加害者が損害の賠償になかなか応じてくれない場合は、
このような選択肢で急場をしのぐという選択肢もありますが、
自賠責保険には支払限度額
(傷害の場合120万円、死亡の場合3,000万円)があり、
じゅうぶんな保障を得られないことの方が多いでしょう。

 

やはり、きちんと加害者から相応の保障をしてもらうのが
望ましいですので、このような応急処置的な手続きと
並行し、きちんと加害者に対しての交渉も続けましょう。

 

不誠実な加害者の場合、かかる心身の負担も大きくなりますので、
弁護士に依頼し、加害者との交渉や法的手続きを依頼した方が
スムーズでよいかもしれません。

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク