交通事故の加害者の示談交渉の注意点

スポンサードリンク

交通事故の加害者の示談交渉の注意点

交通事故により、人を死傷させてしまった場合、
加害者は被害者に対してその損害を賠償しなければなりません。

 

被害者との示談ができているかどうかにより、
加害者の刑事上の処罰についても変わってきますので、
そういった意味でも加害者はできるだけすみやかに
被害者やその遺族と示談をまとめたいものです。

 

被害者が死亡した場合、相続人や同居の家族に対して
損害を賠償することになりますが、どの人物が相続人で、
どの人物にどこまで損害を賠償すべきか
という点はなかなか難しい部分です。

 

示談がまとまって、金銭を受け渡した後に、
実は相続人がいたというような場合、
そこからまた話がこじれるといったこともあり得ます。
ですから、被害者が死亡した場合は、
まず相続人を特定することが必要ですが、
一般人が調査をするのは大変ですので、
弁護士など法律の専門家に
ご相談されることをおすすめします。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

被害者に賠償をする場合は「領収書」を

被害者に対し、損害賠償として金銭を支払った場合は、
領収書を受け取るようにしましょう。
また、治療費や葬儀代については
請求書や領収書を確認した上で
金銭を支払うように注意しましょう。

 

あとになって、金額に争いが生じたり、
支払ったはずの金銭を
支払っていないというようなことを言われ、
こじれてしまうことを防ぐためです。

 

被害者の中には、ごねれるだけごねて、
むしり取れるだけむしり取ろうとする人もいます。
加害者としての立場上、領収書などを
ビジネスライクに請求するのは
気が引けるかもしれませんが、
お互い後味の悪い思いをしないためにも、
必ず金銭の支払いの際は注意して行いましょう。

 

また、悪質な被害者の場合、
本来加害者が負担すべきでないものまで、
いろいろと理由をつけて、請求してくるような場合もあります。
不明な点や疑問な点は弁護士などの
法律の専門家に相談するのがよいでしょう。

 

被害額の算定から交渉に至るまで、
加害者の人も精神的に辛い状況で
行わなければならず冷静に物事を調べ、冷静な交渉をするのは
なかなか難しいと思いますので、
の段階から弁護士に相談することで、
精神的負担も軽減し、物事もスムーズにすすむと思いますので、
事故により、他人に損害を与えてしまった場合、
よっぽど法律に強い方でなければ、
すぐに弁護士にご相談するのがよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク