好意同乗による損害賠償額の減額について

スポンサードリンク

好意同乗による損害賠償額の減額について

好意同乗とは

好意同乗とは、好意や無償で
他人の自動車に乗せてもらうことをいいます。

 

例えば、友人の車に乗せてもらって
遊びに出かけるような場合です。

 

好意同乗での交通事故

好意同乗で、運転者が事故を起こし、
同乗者が負傷した場合、
運転者が加入している保険から支払われる賠償額が
好意同乗の場合、減額されることがあります。

 

減額される割合は1〜3割が
一般的のようです。

 

減額の対象となるのは、
全損害についての場合もあれば、
慰謝料についてのみ減額となる場合もあるようですが、
どのような基準でこれらが決まるのかは定かではないようです。

 

好意同乗による賠償額の減額というのはこのようなものですが、
好意同乗という理由で賠償額が
減額される説得力のある理由はなく、
最近の判例でも、好意同乗というだけで減額という結論とするのではなく、
好意同乗に至った経緯や、運転へのかかわり方や同乗者の落ち度など、
さまざま要素から、好意同乗による
減額とするかを判断すべきとしています。

 

例えば、運転者とともに飲酒をした後の同乗や、
運転者が長時間運転し、
疲労が蓄積していることを知りながら、
注意をせずに同乗していた場合などには、
好意同乗による減額が認められるケースが多いようです。

 

このように保険会社に賠償額の請求をした際に、
好意同乗を理由に減額を主張してくる場合もあるようですが、
必ずしもそれが認められるものではありませんので、
保険会社の減額に納得できない場合や不明な場合、
弁護士に相談し、示談交渉にのぞむことをおすすめします。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク