自動車が盗難にあった際の保険について

スポンサードリンク

自動車が盗難にあった際の保険について

自動車の保険に盗難に遭った場合の保障もついている場合は、
その損害の保障を受けることができます。

 

保障の詳しい範囲については、それぞれの保険会社、保険商品ごとに
ご確認していただきたいのですが、
落書きやいたずらによる損害や、
車の部品の盗難や、盗難されている間に被った損害、
車を通常保管する車庫や駐車場が洪水などで水害にあった場合、
なども保障の対象となる商品が多くあります。

 

ですので、このような被害や
自動車にダメージのあることが発生した場合は、
まずは、ご自身の加入している保険会社に
問い合わせてみるとよいと思います。

 

車両保険を請求する場合は偶然の事故でなければならない?

車両保険を請求する場合は偶然の事故でなければならず、
かつては請求する側が、
その立証をしなければならないと考えられていました。

 

ですから、自動車が盗難にあった際に、
盗難防止装置(イモビライザー)が装備されていた場合、
「偶然の事故」ではないとして、
保険金の請求が認められない場合がありました。

 

しかし、近年の判例の傾向では、事故の発生の偶然性について
車両保険金の支払いを請求する被保険者が主張・立証する必要はないと
なっています。

 

ですので、もしも保険会社に問い合わせたところ、
偶然性がないものとして保険金の支払いを拒否された場合、
弁護士など法律の専門家に相談してみてもよいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク