もらい事故の際に使える弁護士費用特約について

スポンサードリンク

もらい事故の際に使える弁護士費用特約について

もらい事故とは

もらい事故とは、過失が0で相手にのみ
責任があるような事故のことをいいます。
例えば、信号待ちで停車中に追突されたり、
駐車場にとめていた車に追突されたり
といった相手方の過失が100%の場合です。

 

もらい事故の場合の保険会社の対応

この場合、被害者は、
加害者や加害者が加入している保険会社と
損害賠償の交渉をすることになりますが、この際、被害者が
自動車保険に加入していたとしても、被害者の保険は、
「自分が相手に支払う立場のときの保険」ですので、
もらい事故の場合、被害者から相手への賠償はないので、
保険会社の出る幕はないということになります。

 

それでも自分の加入している保険会社に相手方の保険会社と
交渉をお願いしたいと思うかもしれませんが、
この場合、自分の加入している保険会社は
相手の保険会社と交渉することができません。

 

もらい事故の場合、保険会社は法律上交渉できない

これは保険会社の決まりではなく、法律上、不可能なのです。
被害者が支払い義務ゼロということは
保険会社は当事者ではありませんので、
その保険会社が被害者のために相手と交渉してしまうと、
弁護士法に違反してしまうことになるのです。
(紛争の代理は弁護士でなければできないのです)

 

弁護士費用特約

もらい事故で保険会社が
交渉できない場合に使えるのが、弁護士費用特約です。
弁護士、司法書士、行政書士への報酬や訴訟(仲裁・和解)に要す
る費用300万円を限度に支払う。

 

というようなものです。

 

保険により弁護士費用を負担してもらうことで、弁護士に依頼し、
交渉を有利に運ぶことができます。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク