死亡事故の場合の損害賠償の額の算定について

スポンサードリンク

死亡事故の場合の損害賠償の額の算定について

逸失利益とは

交通事故により被害者が死亡した場合、
被害者が生きていれば
将来得られたであろう利益を「逸失利益」といい、
加害者に対して逸失利益を
損害賠償として請求することができます。

 

逸失利益の算定方法

被害者が死亡した場合の逸失利益は、原則として
被害者の事故前の収入を基礎とし、
一定割合の生活費を控除し、算定します。

 

生活費の控除は家族の収入の柱の人物の場合、
30%〜40%で、就労可能年数は
67歳として逸失利益を算定します。
(賠償金は一括で受け取りますので、
中間利息を控除して計算します)

 

かつては女子年少者の死亡の場合、
男女別の平均賃金をもとに逸失利益を算定し、
男性が死亡した場合よりも
低い額となる傾向がありましたが、近年の判例では、
女子年少の死亡の場合でも、特段の事情のない限り、
労働者全体の就労を基礎とする
平均賃金を算定の基礎とする傾向にあります。

 

被害者が死亡した場合、逸失利益のほか、
死亡による精神的苦痛を慰謝料として
損害賠償請求することができます。

 

被害者本人とその家族の精神的苦痛
それぞれの賠償を請求できる理屈ですが、
実際はあわせて請求する場合が多いようです。

 

慰謝料の額は、死亡した年齢、
家族構成などによっても異なりますが、
一家の大黒柱が亡くなった場合、
3,000万円前後が相場のようです。

 

また、葬儀代も加害者に請求することができ、
200万円前後が相場ですが、
実際の葬儀代がそれよりも少ない場合は、その額となります。

 

弁護士に依頼し、これらの損害賠償などの訴訟を行った場合は、
一定の割合で弁護士費用も加害者に請求することができます。

 

逸失利益の算定や請求については、
それぞれの状況により異なる点もありますので、
具体的な点については弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク