仕事中の交通事故の自賠責保険と労災保険ついて

スポンサードリンク

仕事中の交通事故の自賠責保険と労災保険ついて

仕事中の交通事故は自賠責保険と労災保険どちらもつかえるが…

仕事中に交通事故にあった場合、
勤務中や通勤中に怪我をした際に使える労災保険の
適用があります。
また、自動車を運転する際に
強制加入の自賠責保険の適用もあります。

 

いずれからも給付を受けることができるという場合、
どちらから先に給付を
受けなければならないという法的な決まりはありません。

 

なお、注意していただきたいのは、
自賠責保険と労災保険でそれぞれ損害額までマックスの
二重取りできるという意味ではありません。
どちらかから給付を受け、その給付額で損害額をすべてカバーできる場合は、
他方を請求することはできません。
一方から給付を受け、損害額をカバーしきれない場合は、
他方から残額についてのみ請求できるということになります。

 

ですので、自賠責保険と労災保険どちらから請求してもよいのですが、
損失の補填にスムーズな方を選択すべきです。

 

自賠責保険と労災保険どちらを使うべきか?

事故や当事者の置かれている状況によって、
どちらがスムーズか異なりますが、
自賠責保険の方が休業損害、
慰謝料、近親者の付き添い費などについて
労災保険よりも給付の範囲が広いので、
自賠責保険から請求をした方がよさそうですが、
自賠責保険の限度額は傷害の場合120万円までですので、
120万円を超える場合は労災保険を先に
請求した方が便利だということもあります。

 

また、治療内容によって、
どちらから先に請求した方がよいか異なる場合もあります。
自賠責保険を使った場合と労災保険を使った場合では、
治療費の支払い額が異なります。
(自賠責保険を使った方が治療費が高くなります。)

 

その他、交通事故の過失割合などによっても異なりますので、
どちらから先に請求すべきか、また、その請求の方法や
相手方との交渉についてもふまえて不明な点は
弁護士にご相談されてみることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク