交通事故やその他の事故について解説

スポンサードリンク

交通事故の交渉などを弁護士に依頼するメリット

交通事故によって損害が生じた場合、
加害者は被害者に対して損害を賠償する責任を負いますが、
具体的には、金銭をいくらどのぐらいの
期間支払うのかということが話し合われます。

 

加害者が保険に加入している場合は、保険会社と被害者で
その金額の話し合いを行い、合意に至ればその金銭が
保険会社から支払われるということになりますが、
事故の被害者ご本人が直接保険会社と示談交渉をする場合、
保険会社からの示談金の提示が
低額に抑えられることが一般的です。

 

保険会社は支払う保険金をなるべく少なくしたい

保険会社も支払う保険金をなるべく少ない抑えたいのです。
保険会社が提示する、
このような場合は、このぐらいの額が相場
という基準がありますが、その基準は裁判を行った際に認定される
損害賠償額の相場よりもかなり低額に抑えられています。

 

裁判をするとなると時間と労力がかかりますので、
そのぶんを差し引いて保険会社の提示する金額で納得する
という考え方もありますが、だとすれば弁護士に依頼し、
保険会社と交渉することで、裁判にならなくても、
損害賠償額を有利にもっていけることは多々あります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

「弁護士に依頼する=裁判をする」ではない

「弁護士に依頼する=裁判をする」ということではありません。
話し合いがまとまらない場合は、調停、裁判という流れになりますが、
そのような法的手続きに至る前に話し合いがまとまるよう
弁護士は尽力してくれます。

 

交通事故の当事者どうしが話し合うと、
どうしても感情的な面も出て、
ビジネスライクに金銭面の話を進行させるのが難しかったりしますが、
弁護士が行うことでそのような部分もスムーズに進みます。

 

後からモメることも少なくない

示談金について金額面で納得しても、
新たな損害や後遺症があとから発覚することもあります。

 

交通事故の事例に詳しい弁護士に依頼することで、
そのような後々起こりがちな
トラブル等にもあらかじめ予防線を張り、
依頼者の肉体的、精神的疲労、
負担を軽減することができます。

 

裁判に至る前の交渉で話し合いがまとまる場合においても、
裁判になった場合に認容される賠償額についても、
交通事故に精通している弁護士に依頼した方が、
弁護士費用を差し引いても
最終的に得ることのできる示談金の金額が
多くなる場合が多いです。

 

ですから、交通事故にあって損害を受けたという場合は、
弁護士に依頼することで、時間、労力、精神面、金銭面で
多大なメリットがある場合が多いですので、
なるべくはやく弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク