交通事故による病状固定後の治療費を請求できるか?

スポンサードリンク

交通事故による病状固定後の治療費を請求できるか?

病状固定とは

病状固定とは、治療効果が期待できない状態で、かつ、
自然経過によって到達する最終の状態をいいます。
つまり、「治療を続けても病状は
これ以上はよくならない」状態をいいます。

 

交通事故によって負傷した被害者は、加害者に対して
その治療費、入院費、交通費、経費といった
治療にかかる損害を賠償請求することができますが、
被害者がどの程度の状態になるまで、
加害者はその損害を賠償しなければならないか
ということが問題となります。

 

病状固定後の治療費

一般的には、病状固定後の治療費は、損害として認められず、
加害者に対してその治療費を請求することはできないとされています。

原則としては、認められないのですが、
症状の程度や、症状を防ぐための措置、治療の内容など、
場合によっては損害として認められる場合もあるようです。

 

また、病状固定後の痛みや身体の不自由については、
後遺障害の問題として扱われることになります。
ですから、直接的に病状固定後の治療費としてではなく、
後遺障害として、この点が加味されて慰謝料の一部として
この損害を賠償しているという考え方もあるようです。

 

いずれにしましても、病状固定後の判断や扱いについては、
具体的事情を説明し、
弁護士など専門家にご相談されることをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク