交通事故の損害賠償額の算定方法

スポンサードリンク

交通事故の損害賠償額の算定方法

交通事故の財産的損害

交通事故で負傷してしまった場合、損害賠償として請求できる
財産的損害には、大きくわけると
次の3種類に分類することができます。

 

・積極的損害
・消極的損害
・精神的損害

 

以下でこれらについて少し詳しく説明していきます。

積極的損害

積極的損害とは、事故によって
被害者の財産が減少したものをいいますが、
例えば治療費、入院費、そのための交通費などの経費や、
訴訟のための弁護士費用などがそれにあたります。

 

消極的損害

消極的損害とは、事故がなければ
得られたであろう将来の利益のことです。

 

事故のために休業をした際のお給料などのことですが、
これらの損害の額は原則として事故前の収入を基礎として計算します。
専業主婦の方は、女性の労働者の平均賃金を基準に
算定します。(日額5700円)

 

アルバイトやパートに出ていて収入がある場合、
判例は、それらの現実収入が平均賃金を上回る場合は、
現実収入を基礎とし、下回る場合は、
平均賃金を基礎とする傾向にあるようです。

 

会社の役員報酬の場合は、実労働に対する対価という面と、
利益配当の実質を持つ面がありますが、
実労働ぶんの対価は逸失利益として考慮されますが、
利益配当等の実質を持つ部分については、
役員の地位であるかぎり得られる収入ですので、
逸失利益とはされず、損害額として扱われません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

後遺症の程度が比較軽微で、被害者の職業の性質からみて
現在または将来における収入に減額がない場合は、
特段の事情がない限り、財産上の損害は認められませんが、
収入の減少がないのが、
被害者本人の努力や職場の配慮といった場合には、
「特段の事情」が認められ、
財産上の損害が認められる場合もあります。

 

年金生活の方が亡くなった場合、年金が逸失利益として
認められるかどうかは微妙ですが、
最高裁判所の判断では、認める傾向にあるようです。

 

また、最高裁判所は遺族が遺族年金を受け取った場合は、
逸失利益からそのぶんを差し引いて算定するものとしています。

 

精神的損害

交通事故によって、怪我をした場合、肉体的にも
辛いですが、同時に精神的にも辛い思いをします。
その精神的な苦痛についても損害賠償の対象となります。
その額が事故や怪我の度合いから、
だいたい相場は決まっています。

 

積極的損害、・消極的損害については実際にかかったお金や、
お給料の額など、だいたい金額で算定しやすいですが、
精神的損害の相場については、弁護士に
事故の状況や、怪我の度合いを説明し、
ご相談されることをおすすめします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク