交通事故の代車費用の請求できる額について

スポンサードリンク

交通事故の代車費用の請求できる額について

代車費用の算定方法

交通事故で自動車を損傷した被害者は、
その修理代金を請求することができますが、
自動車を修理に出している間、
自動車を使用できないので、
その間の代車費用もあわせて請求することができます。

 

代車費用として請求できる額は必要性がある限度に限られます。
ですから修理に出した際に、サービス(無料)で代車を借りた場合は、
代車費用を請求することはできませんし、
不相応に高い代車をあえて借りた場合などは、
必要性の限度を超えるものであれば、
その費用を請求することができません。

 

自動車を使用できなくなった者が、
通勤で自動車を使用していた際、
公共交通機関での出勤が可能な場合は、
代車の必要性が認められないということになり、
代車費用を請求することができず、公共交通機関の交通費を
支払うということになります。

 

使用できなくなってしまった自動車が営業用の場合

なお、使用できなくなってしまった自動車が、
営業用のもので、代わりに
数日間借りるというようなことができない種類の
車両の場合(例えば移動販売車のようなもの)、
修理に必要な相当期間の範囲内で、その車両があれば
得られたであろう利益を請求することができます。

 

代車費用を請求できるかどうか、またその額についての法律的な
結論はこのようなものですが、保険の場合、被害者に過失がない場合は、
代車費用も保障し、過失がある場合は保障しないという
取り扱いの保険会社もあるようですので、加入している保険会社にご確認ください。

 

代車費用の妥当性と具体的な額の算定に関しては、
弁護士などの法律の専門家に具体的事情を説明し、
ご相談していただくことをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク