交通事故で荷物などのモノを損傷した場合の責任について

スポンサードリンク

交通事故で荷物などのモノを損傷した場合の責任について

自動車の修理費用

交通事故によって相手の自動車を損傷させてしまった場合は、
その修理費用を負担しなければなりません。

 

修理費は相当な範囲に限られますので、
自動車のごく一部が破損したのを理由に、
自動車の全塗装の費用を請求するなどといった
不相当な修繕費を請求することはできません。

 

完全な修復は困難ですので、社会通念上、
事故前の状態に復したと認められる程度の修理がなされれば、
責任を果たしたということになります。

 

事故を起こした自動車はいわゆる「事故車」として、
その価値が下がりますが、この評価の低下も立証されるのであれば、
低下ぶんを賠償しなければならないとする場合もありますが、
状況によりますので、具体的な点は弁護士などにご相談ください。

 

代車費用

また、修理の間、自動車を使用できなかった損害も、
代車使用料を賠償しなければなりません。
自動車の修復が不可能な場合は、自動車の時価相当額が
損害の額となり、その金額を賠償することが必要となります。

 

自動車にのせていた荷物等の賠償

事故の際に、自動車に乗せていた荷物などを損傷した場合は、
それについても賠償しなければなりません。

 

高価なものを損傷してしまったり、
荷物を運搬しているトラックの大量の荷物を損傷してしまった場合、
相当に高額な損害を賠償しなければならないということになりますので、
保険に加入する際は対物保険に必ず加入しておくべきでしょう。

 

なお、自動車の部品で、
その部品が一般的に自動車の効用、交換価値を高めるようなもので
あれば交通事故により通常発生する損害として、賠償の責任が生じますが、
不必要に高額なパーツなどについては、
賠償の対象として不相応として、賠償しなくてよい場合もあります。

 

このように交通事故で、相手の自動車を損傷した場合、
自動車以外の賠償が必要となる場合もあります。

 

その責任や金額の妥当性などについて、具体的な事例によって
異なりますので、弁護士など法律の専門家にご相談されることを
おすすめします。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク