交通事故を起こしてしまったらまずすべきこと

スポンサードリンク

交通事故を起こしてしまったらまずすべきこと

応急処置、救急車、警察へ連絡

交通事故を起こしてしまった場合、パニック状態になってしまうかと
思いますが、まずは落ち着きましょう。

 

交通の妨害にならないような場所に車を停車し、
負傷者がいる場合は、応急処置や救急車の手配をしましょう。

 

外傷がないなどの場合も、実は大きなケガの場合もありますので、
頭などを打った場合などは
素人判断で大丈夫だと判断せず、救急車を手配しましょう。

 

その後、警察への連絡、相手の身元確認をし、
写真を撮る事故現場の証拠収集作業を行いましょう。

 

事故の状況の証拠をおさえる

事故後に、被害を受けた方は、
加害者に対して損害賠償請求をするということになりますが、
事故の状況を正確に把握し、過失の有無や大きさ、
損害の有無とその大きさを正確に把握するために、
証拠をしっかりとおさえておきましょう。

 

証拠収集として、事故状況、破損部位の写真、
スリップ痕の状況などを写真に撮っておきましょう。
また、目撃者がいる場合は
その方の連絡先を教えてもらい協力をお願いしましょう。

 

また事故の相手と会話できる状況であれば、
お互いの認識で合意している点などは、
メモに記し、相手に署名などをもらっておくとよいでしょう。

 

この場では合意していても、あとになってから言った言わないの
水掛け論になると、問題がこじれ、精神的にもおもしろくない思いを
することになってしまいますので、
面倒臭がらずに、しっかりとしておきたいところです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

警察へ必ず連絡しましょう

警察への連絡は、当事者が軽い事故だと判断しても、怠ってはなりません。
事故が発生した場合、発生日時、場所、死傷者・負傷者の数、
負傷の程度、破損したもの、その程度などを届け出する必要があります。

 

この報告義務に違反すると処罰されることもありますし、
相手方と公正な事後処理を行うためにも、必ず警察に届け出をしましょう。

 

あとは、ご家族や職場、友人などに連絡するなど、
自分の生活環境、職場環境に応じた措置を行ってください。
交通事故の後にすべきこと、流れについて

 

後日、損害賠償等、お金の話になりますが、
法律に不慣れな方が、相手方や保険会社と交渉すると、
不明な点や不利な点が多くなるかと思いますので、
弁護士などの専門家にご相談されることをおすすめいたします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク