保証人となった後に保証金額を勘違いしていたと気づいた場合

スポンサードリンク

保証人となった後に保証金額を勘違いしていたと気づいた場合

保証人になる場合は慎重に

友人、知人が消費者金融などの
貸金業者から貸付を受ける際に、
(連帯)保証人を頼まれるということもあるかと思います。

 

まず、当然ですが、主債務者から保証人を頼まれ、保証人になる際は、
保証人になるかどうかは慎重に決断しましょう。

 

わかりやすく簡単にいうと、保証人になった時点で、
あなた自身がそのお金を借りているようなものと
思っていただいて結構です。

 

「いざという場合に」
お金を返さなければならないけれども、
「いざという場合」は
そうそうならないだろうと考えてはいけません。

 

かなり高い確率で「いざという場合」がくることを肝に銘じて、
保証人になるかどうかを決断してください。

 

また、あなたが誰かに保証人を頼むという場合も、
相当慎重に保証人をお願いする人を選び、お願いしてください。
他人の借金で人生が狂うということは珍しくありません。

 

それでも、保証人になることを決断した場合は、
出された契約書にそのまま署名・押印するのでなく、
内容をしっかり読み、わからない点はよく質問してください。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

保証人となったあとに金額を勘違いしていたことに気づいた場合

保証人となったものの、後から保障額について
勘違いしていたと気づいた場合ですが、
一応、法律の理屈としては、
錯誤無効を主張できる余地はあります。

 

例えば、1000万円の保証額を、ケタを間違えて
100万円と勘違いしたなどということです。

 

このような場合、保証人に「重大な過失」がなければ、
錯誤無効を主張し、
保証人になることを認めた100万円のみの
責任を負うということになります。

 

「重大な過失」とはどのような場合に
あたるか微妙ではありますが、
契約書を読めば、すぐに保証額がわかるような場合に、
それを流し読みしたために見過ごしたという場合は、
重大な過失があると判断される可能性が高く、
錯誤無効を主張するのは難しいでしょう。

 

また、仮に重大な過失がないという場合でも、
これを主張し、現実にそれを無効とするには、
とてつもない労力を必要とします。

 

ですから、そのようなことにならないように
事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

もし、あとからこのような事に気づいてしまった場合は、
なるべく早く弁護士に相談しましょう。

 

また、保証契約が勘違いといったものでなく、
脅されてしたものなどといった場合は、
全く話が違ってきますから(保証契約自体を取消すことができる)、
そのような場合も弁護士に相談しましょう。

 

金銭トラブル 債務整理、破産について解説トップへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク