過払金返還請求権の消滅時効について

スポンサードリンク

過払金返還請求権の消滅時効について

金銭の貸付をし、利息制限法の定める
利息の上限を上回る利息を
支払っていた場合は、
「過払い金」として返還を請求することができます。

 

この過払金返還請求権が時効で消滅するのは、
継続的な取引が終了したときから10年経過したとき
とされています。

 

実は消滅時効が成立していないという場合も少なくない

実際、この「継続的な取引が終了した時」とは、
どこを指すのか微妙なこともありますが、
消費者金融などの金融業者に
過払い金返還請求をしたところ、
「消滅時効が成立しています」
と断られたとしても、実際は、
消滅時効が成立していないこともあり得ます。

 

また、10年以上の期間が経過していたとしても、
貸金業者が過払い金返還請求の消滅時効を主張したものに対し、
「誠実な債務者に不利益を強いる一方で、
貸金業法を遵守しなかった貸金業者の過払い金返還請求の消滅時効の援用を
認めることは、長期間の過払状態の放置による不当利得状態を
容認することにつながるので、信義誠実の原則に反し、許されない」
とした裁判例もあります。

 

つまり、法律の原則的な理屈としては、債権は10年で消滅時効にかかるものの、
過払い金返還請求権という債権の性質上、この債権に時効を認めてしまうのは、
違法状態の貸金業者を容認することになるので、
その主張を許さないと判断される場合もあると考えられます。

 

ですので、消費者金融などからお金を借りて、
すでに返済が終了して
しばらく経っているという方でも、
過払い金返還請求の専門家にご相談することで、
その返還を受けることができる場合がありますので、
ぜひご相談してみるとよいでしょう。

 

金銭トラブル 債務整理、破産について解説トップへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク