自己破産のメリット、デメリットについて

スポンサードリンク

自己破産のメリット、デメリットについて

自己破産とは

自己破産とは、消費者金融などの
金融業者からの借金が重なり、
債務に対して収入による支払いが
不可能となってしまった場合に、
裁判所にその旨を申し出て、全財産を処分し、
借金(債務)を精算する手続きのことです。

 

自己破産のメリット、デメリット

自己破産のメリットとしては、
これにより債務がなくなりますので、
債権者は借金の取り立てができなくなりますので、
支払いの精神的圧迫から開放されるということです。
これまでの借金問題で悩んでいたことを精算し、
新たなスタートをきることができるので、
気持ちの面でも切り替えができるのがそのメリットです。

 

なお、誤解されがちですが、自己破産をすると、
戸籍に記載されたり、選挙権がなくなったりすると思っている方もいますが、
そのようなことはありません。

 

逆に、自己破産はこれまでの借金をチャラにするのですから、
それなりのリスクやデメリットも伴います。

 

自己破産の申し立てをすると、全財産を処分しますから、
所有している土地、建物、車など
金目のものはすべて処分しなければなりません。

 

ただし、差押禁止財産というものがあり、
衣服や家財道具といった生活必需品は、差し押えできず、
処分をする必要はありません。

 

自己破産は、経済的信頼を失いますので、
今後、借り入れや融資を受けることは
難しくなるでしょう。

 

事業を行っている方にとっては大きな損失となります。

 

(ただ、支払いが滞った結果に自己破産に至りますので、
そのような信頼は自己破産をする前に
すでになくなっている場合が多いと思いますが…)

 

取締役など役員の場合は、
その地位を失います。

 

また、弁護士などの資格保有者も
その資格を失います。

 

破産手続き開始後は、
郵便物が破産管財人に管理されますので、
プライバシーを失います。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9363541721">

 

自己破産の手続き、費用

自己破産の手続きは、
裁判所に対して申し立てることで開始しますが、
やはり、それまでの債務をなくす手続きですので、
裁判所に自分の債務と全財産、
支払いができなくなった経緯などを
しっかりと説明しなければなりません。

 

そのうえで裁判所が認めれば成立するシステムですので、
自己破産できないという結果もあり得ますのでご注意ください。

 

費用としては、破産管財人がつく場合は35万円〜50万円、
そうでない場合は5万円ぐらいになることが多いようです。

 

自己破産は、多重債務など、
借金問題でもう手の打ちようがない状態でする
最後の手段的選択肢です。

 

借金問題でお困りの方は、自己破産をする前に
できることがいろいろある場合もあります。
場合によっては、過払い金の返還請求をすることで、
債務がなくなり、逆に手元に現金が残る場合もあります。

 

ですので、まずは弁護士など借金問題の専門家にご相談の上、
現状をしっかり把握し、その上で選択肢を吟味していただきたいと思います。

 

金銭トラブル 債務整理、破産について解説トップへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク