多重債務を負ってしまった場合の対策、選択肢について

スポンサードリンク

多重債務を負ってしまった場合の対策(任意整理、調停、自己破産)

借金を返済するために、また借金を重ね、
複数の消費者金融など金融業者から
お金を借りている状態を「多重債務」といいますが、
多重債務者になってしまった場合、どのような方法、選択肢で
立て直しをはかれるのかということについて説明していきます。

 

多重債務者の多くは、
色んなところから借金を重ねるうちに、
どこからどれだけ借りていて、
いくら返済しなければならないのか
という点がグチャグチャになっているということがよくあります。

 

常に返済が迫ってくる精神的圧迫により、
これらのことから目を背けたい精神状態になって、
確認したくもない気持ちかもしれませんが、
まずは、これらを冷静に把握しなければ、
対策のとりようがありませんので、
現状を把握しましょう。

 

場合によっては、すでに返済した額が、
利息制限法を超える支払いをしていれば
過払い金の返還請求をすることが
できるということもあります。

 

現状を把握し、まず考えられる選択肢は、
「任意整理」です。

 

任意整理とは

任意整理とは、現在の収入と
返済のバランスが厳しいけれども、
返済額を減額してもらえれば、なんとか返済を続けられそうだ
という場合に、業者と交渉して、
債務の減額や返済額の減額を交渉するものです。

 

弁護士に依頼して業者に直接交渉してもらう方法や、
簡易裁判所の調停により業者と話し合いをし、
条件をすりあわせて解決に向かいます。

 

もちろん貸金業者の相手が
その希望を飲んでくれるとは限りませんが、
債務者が完全に支払いが不能になるよりは、
多少、減額してでも返済の見込みがあるのならば、
渋々でも交渉に応じてくれる可能性もありますので、
結果的に債務者、業者の双方のためになるので、
やってみる価値はあるでしょう。

 

返済額を減額しても、全く支払いが不可能なほどに
債務が膨らんでしまった場合は、「自己破産」
という選択肢をとらざるを得ません。

 

自己破産については別の回で詳しく説明しますが、
いすれにしても、多重債務となった場合は、なるべくはやく
弁護士など専門家に相談するのがよいでしょう。
法律的なアドバイス、解決方法が得られるのはもちろん、
ひとりでパニック状態で悩んでいるよりも、話を聞いてもらうことで
精神的にもかなり落ち着きます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク