クレジットカードの現金化とは?その違法性について

スポンサードリンク

クレジットカードの現金化とは?その違法性について

クレジットカードの現金化とは?

「クレジットカードの現金化」という言葉を耳にすることもあり、
「クレジットカードで即日融資」というような広告や
インターネットの情報を目にすることがあるかと思いますが、
結論から申し上げますと、このようなものは利用しないことをおすすめします。

 

クレジットカードの現金化とは、大きくわけて2種類あります。
ひとつは、クレジットカードで買い物をして、
その購入したものを買取屋という業者に売却して
現金化するというものです。
(買取屋方式といったりします)

 

もうひとつは、業者からキャッシュバック付き商品を購入し、
キャッシュバックを受けるというものです。
例えば、いったん業者からバッタものの
宝石のようなものを購入し、
キャッシュバックとして現金を受取るというものです。
(キャッシュバックといったりします)

 

いずれにしても、50万円のクレジットカードの
限度額をめいっぱい利用して、
手元に30万円とか35万円が現金化するというものです。

 

今すぐ現金が必要だという方はつい、
とびついてしまいがちですが、
クレジットカードの支払い日がきたら
当然その支払いをしなければならないわけで、
1カ月とか2ヶ月とかの支払期限に対し、
10数万円の利息がついているので、
ヤミ金並の莫大な利息を支払わなければならないのと、
同じことになります。

 

即日現金化の甘い言葉に負けて、決してこのようなものに手を出さないようにしてください。
クレジットカード会社の多くは、規約でこのようなクレジットカードの使い方を禁止しています。
また、利息制限法、出資法に違反することも考えられます。

 

もし、このような業者で
クレジットカードの現金化をしてしまったという場合、
業者に対して、不法行為、暴利行為による損害賠償請求や、
不当利得返還請求、あるいは、
支払いを免れることがある可能性があります。

 

すでに支払った過払い金の返還請求ができる場合がありますので、
債務整理の専門家にご相談ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク